うなぎ屋 今荘 【神保町】



2年間チームを組んできた直属の上司が明日の人事異動で神奈川の部署に配置換え。
そこで最後に昼食をご馳走すると誘われ、神保町にある鰻屋「今荘」に行ってきた。
今まで何度か店の前は通ったことはあれど実際に中に入るのは初めて。
・・・というか暖簾って出ていたっけ?建物が古くて空き屋かと思っていた。

上司に話を聞くと平日の昼間のみの営業でメニューは単品うな重のみ。
昔は1,500円とか1,800円で食べれたけれど、今は値段が上がって3,000円とのこと。
ぶっちゃけ、うな重3,000円って高いよな。奢りでなければ入ることは無いだろう。

店内はカウンター席と座敷が5席。平日にも関わらず、ほぼ満席。
昭和8年から続く老舗のお店だけあって年期を感じる木造家屋の落ち着いた佇まい。
客層は年配の方やサラリーマンが多い。学生は皆無。

メニューがうな重だけなので注文はご飯の量を聞かれるのみ。
なお大盛りでも料金は同じ(瓶ビールを頼んでいる人も居たっけ)
上司はご飯にタレをかけないでという注文をしていたが、そういうのも対処するみたい。

待つこと30分。

葉っぱの模様が入った重箱に肝の入ったお吸い物と漬け物が運ばれてきた。
ランチタイムではちょっと待たせすぎな気もするが、客の入りを考えるとやむを得ないのだろう。

蓋を開けると程よい焦げ目の付いた鰻が1匹。

身はフワフワして箸で簡単に切れる柔らかさ。
タレは濃すぎず甘すぎず、どちらかというとさっぱりした旨味。
よくあるドロリとした甘いタレではないので好みは分かれそう。
個人的にはベタベタした濃厚のタレよりも、こっちのサラリとしたタレの方が好み。

大盛りご飯は重箱にたっぷりと敷き詰められており、また少し固めなご飯なので
タレが染みてもベタベタにならないのが良い。量も多くてお腹も満足。

肝のお吸い物は風味が良くちょっと香ばしくてオレ好みのドストライク。
肝心のキモの味はよく分からず。レバっぽさも苦味もなし。
唯一、箸休めの沢庵の漬物(ツボ漬け)が自家製じゃなかったのは残念。

最後に2年間お世話になった上司とサシで語れて良かった。
仕事関係は黙って見守るタイプではなく色々と口を出したり時にはワケの分からないことを
言い出したりするけれど、最終的な判断を任せてくれたり、意見が食い違っても納得すれば
話は通るし、少し発破をかけれは必要以上に動いてくれるなどオレにとっては相性の合う
良い上司だった。
明日から神奈川の部署に異動してしまうのでちょくちょくは会えないけれど、もしかしたら
来年辺りにオレも神奈川に異動になる可能性も無きにしろあらずなので、また一緒に仕事が
出来たら楽しいだろうと思った。なにはともあれ2年間お世話になりました。




2014-07-31 00:00 : 外食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

125cc以下原付き 名義変更



上司から受け継いだスペイシー100の書類が手に入ったので、名義変更手続きに行ってきた。

もともと上司が住んでいた横浜市港南区の発行してくれた廃車申告受付書の記載欄の中に
譲渡証明書の欄があるので、そこに上司の名前と印鑑を押したものとオレの名前と印鑑を
押したもの、そして忘れてはならない自分の印鑑(原付き登録届けの時に使う)を相模大野の
南区合同庁舎に持っていった。

125cc以下の原付登録等の受付は3階にある。
ちなみにナンバー交付には手数料はかからない(無料)
記入例を見ながら項目を埋めていく。名前の後に持参した印鑑を押す。
なお、車台番号や型式認定番号、総排気量又は定格出力の項目は貰った廃車証明書の中に
記載してあるので、間違えないよう正しく記入。

記入した書類と廃車証明書を受付に渡し、待つこと5分。
ピンクのナンバーと標識交付証明書を受け取って手続きは終了。実に簡単。

さて、やっと自分のものになったスペイシー100。
ほぼ毎日の通勤で使っていたと言うだけあってエンジンは頗る快調。もちろんフルノーマル。
唯一、風よけとしてナックルガードが装着されていた。

2005年(H17)のモデルなので経年劣化に伴うPP部分(プラスチック樹脂)の白い焼けや
ボディの小傷等はあるものの、事故や転倒によるフレーム曲がりなどは無し。

走行距離は14,233km。
自宅と駅の往復しか使わなかったというので過走行ではない。
最高速度はメーター読みで90kmぐらいまでは確認したと言う。けっこうスピード出るのね。

ただし2005年というと、かれこれ9年前の車体なので駆動系や足回りもガタが来ているだろう。
そこはコツコツ交換していくか・・・と思いきや、なんと毎年12ヶ月点検に出しているとのこと。
メンテナンス手帳もあるよ?と言うので見てみると、確かに購入時期より毎年12ヶ月点検を
受けていて、その都度パーツも交換していた。
何を交換したのか過去の経緯を読むとウェイトローラーからクラッチ、ブレーキシュー、タイヤ前後、
エアークリーナーなどなど、ひと通り駆動系は交換してもらっている。
オイルに至っては毎年1回は交換していると記載済み。
すっげ~!!毎年12ヶ月点検に出すとかマメだね!ビックリした。

・・・というワケで特に何も交換はせず普通に乗れる下駄バイクが手に入った。
ちょっとボディが汚れているので手を入れるとしたら簡単な洗車ぐらいかな。

なにはともあれ、気前よく譲ってくれた上司に感謝感謝。




2014-07-30 00:00 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

送別会 木村屋本店 & 鳥酎 【飯田橋】



8月の人事異動に伴い本日は職場で送別会が開催された。
場所は飯田橋にある「木村屋 本店」というところ。

幹事にこの店を選んだ理由を聞くと「2,5h飲み放題があるから」とのこと。
そして飲みホなのに酒のラインナップがそこそこ良いのもポイントだったらしい。


面白かったのはビールがピッチャーではなくサーバーだった。
奥に押すとビールが出て手前に引くと泡が出る。ビールを注ぐ腕が試される。

さっきも書いたけど飲みホの割に種類が多く日本酒は八海山や越乃寒梅まである。
またお店が九州料理を得意としているだけあって焼酎の種類が特に多かった。
飲みホに関しては大満足。料理の味もそこそこ美味い。
だがしかし・・・いかんせん量が異様に少ない。


これは一部料理の写真だけど、6人でこの量は少なすぎる。

普段の飲み会では料理が残ったりすることが多いメンバーなのに、今日に限っては
あっという間に食べきってしまい、テーブルの上には酒のグラスのみ置かれた状態。
幹事いわく1次会は喉を潤して2次会でガッツリと肉を食べてもらおうプランとのこと。

飲みは十分だけど微妙にお腹が空いている状態で2次会「鳥酎」に移動。
平日の20時半過ぎだというのに店内は大盛況。
席の予約を20:45分にしていたため15分ほど店の外で待ちぼうけ。酒も抜けてくる。

時間キッチリまで待たされてやっとの入店。
なんだか1次会のテンションが下がってしまい再び普通に飲み始める。
それと普段なら「2次会は酒だけで食べ物は焼鳥数本と枝豆と冷奴で十分」となるはずなのだが、
あまりにも木村屋本店での料理が少なかったので、各自ガッツリ食べるモード。


幹事が適当に注文したものを貪り食う。
焼き鳥の店だけあって1本の身が大きい。でも塩を振り過ぎてしょっぱい。
せっかくの鳥の味を塩が邪魔しているのは残念。

ただし白レバーは絶品。
ニンニクとごま油のタレに付けて食べると、とろける美味さ。気に入った。
これは間違いなくオススメの一品なのも納得。

ところで今回は人事異動の対象者から外れていて異動は無かったけど、
オレと同時期に入ったメンバーは殆ど異動してしまった。

・・・とはいうものの実は異動内示のある1ヶ月前に「三浦半島の部署に行かない?」と
オファーがあったけれど、色々と理由をつけてあと1年今の仕事をしたいと伝えて
今の部署に継続して居られるようになったんだよね。
ただ「来年になったら再び声をかけるよ」と言われたので、もしかしたら来年4月から
三浦半島の部署に行くことになるのかもな。

夜勤に体が慣れているから通常の勤務に戻るのはイヤだな・・・と今から心配したりして。




2014-07-29 00:00 : 外食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

魚 立て焼き



昨日の早戸川 国際マス釣り場の続き。
魚処理場にて無心になってニジマスの内蔵を出す図。

エラと内臓の奥(背骨に這っている)の黒い膜の部分も丁寧に落とす。
たぶん黒い膜は食べても問題ないだろうけど美味しくないって聞いたことがある。
最後はお腹の内側に塩を適度に擦り込む。

やっぱり釣りたての魚は竹串に刺しワイルドに焼いてワイルドに食べたいでしょう。
そこでamazonで買っておいたキャプテンスタッグの45cm竹串の出番。
尾っぽとヒレに飾り塩をまぶしておく。


ニジマスのサイズが20cmぐらいなので45cmを買っておけば問題なし。
竹串は平べったいので魚がクルクルと回転することはない。
それと熱で竹串が燃えることを想定して事前に15分ぐらい水に付けておくと焼け防止になる。

早戸川の国際マス釣り場は河原で直火がOKらしく、先人が作った石組みカマドを活用。
片方は肉を焼く用で片方はニジマスを焼く用。


ただし強火の遠火でじっくり焼くため時間がかかる。また炭も多く使う。
あまり火から離れすぎても駄目だし近すぎても焦げるので意外と難しい。
最初はなかなか焼けなくて「ホントに焼けているの?」と心配になるが、魚の内側が徐々に
白っぽく焼けてきていたので一安心。なんだかんだで30分以上は焼いていた。

18匹を全て焼くには時間がかかるので更に河原で焼く。
一度このマンガやアニメによくあるスタイルで焼いてみたかったんだよね。感動だー

ちなみに立てて焼くと魚の内臓から水分が下に滴り落ちて身はパサ気味になるけれど、
旨味が濃縮されて美味しくなるという話。
表面の皮はパリッっと仕上がりなんとも言えない飴色に焼きあがった。
味の方はというと、当然釣りたてだけあって美味い!と大絶賛する・・・かと思いきや、
まぁ普通かな。養殖のニジマスと天然じゃ味が違うんだろうけど。
子どもたちは美味しいと言ってくれたけれど、親に気を使って言ってたのかも。
やはり子どもたちは魚よりも肉が好きなのね。
立て焼きはあまりにも時間がかかりすぎるので、残りの数匹は網で焼くことにした。

当然、網で焼いたほうが断然早く焼ける。
そして肝心の網で焼いた方と立てて焼いた方の味を食べ比べてみると、正直どっちも変わらん。
時間があって雰囲気を楽しみたいのなら立て焼き、さっさと食べるのであれば網焼きだな。

ところで肉といえば鶏もも肉を宮崎地鶏の炭火焼きのようにして食べたいと思っていたので、
どうやったらあの炭の味が付いた鶏もも肉になるのだろうかと調べてみると、モモ肉から
滴り落ちる油が炭に落ちて匂いが付くのかと思ったが、炭にサラダ油等を垂らしてて火柱を立て
その燃え上がった煙で焼き目を付けるだけのことだった。

そうだよ、この炭の色と香りと味だよ~
こんな単純な方法であの独特な味を再現できるとはね。
当然、子どもたちにも大人気。オレにも大人気。今度からBBQの定番になりそう。

ひとしきり食べたあとは再び釣り開始。


防水カメラで魚影の場所をチェックすると、まだまだ沢山泳いでいるのを発見。
40匹放流してもらって18匹の釣り上げだから22匹も残っていることになる。

午後からはイクラを止めてブドウ虫に切り替え。
しかしたまたまなのか、ブドウ虫には一切ヒットせず。
というかオレ以外にぶどう虫を触れる人間が居ないので必然的に餌つけ係になる。
今思えばブドウ虫は買わなくても良かったかな。
結局使ったのは5匹ぐらいだったし、もしも必要ならば後から買い足せば良かったと後悔。

・・・ぶっちゃけ、午後はもうニジマスを釣っても再び捌きに行く元気もないし、
あんまり美味しいとは思えないのでお土産用のニジマスが釣れなくて正直ホッとした。
それとニジマスは1人2匹も食べれば十分と知った。お土産にしてまでは要らないかな。

ニジマス釣りに飽きた子どもたちは川に入って水遊び。
2時過ぎから雲行きが怪しくなってきたので大人たちは後片付けの準備を始める。
山から冷たい風が吹いてきて、なんとなーくゲリラ豪雨の予感。
スマホで東京アメッシュを見ようと思ったら、なんと圏外!マジっすか。
今までずっとスマホを見る機会が無かったので圏外にはビックリした。
片付けが終わり帰り支度が済んだところで大粒の雨が降ってきた。間一髪セーフ。
時間も早いし帰りに立ち寄り温泉にでも寄っていく?なんて話も出たけれど、
予想以上に疲労がたまっていて温泉に入ったら寝そうだったので止めることにした。
日帰りじゃなく1泊のキャンプだったら全然違ったんだろうけどね。

最後に早戸川国際マス釣り場で思ったこと。
・現地までの道幅が狭いためスピード出し過ぎと落石には注意。
・4名以上が釣る場合は貸切がオススメ(特に子連れの場合)
・竿はレンタルの竹竿で十分。長さが無くても川に入って釣れば良し。
・釣り針は予備で1セットが必要。簡易ビクは必須。針外しよりラジオペンチ。
・餌はイクラに片栗粉をまぶして長持ちさせる。
・ブドウ虫は最初から買わず必要があれば後から買い足しに行く。
・日陰がないのでタープ必須。ただしヘキサなどロープを張るタイプはスペースが無いので注意。
・スマホや携帯の電波は殆ど入らない(ドコモ・AUは確認済み)
・川の水は思ったよりも冷たくない。スイカなど野菜を冷やすには良い温度。
・ニジマスを捌く用にまな板とナイフ(包丁)、それと塩は必須。
・思ったよりもニジマスって食べれない。1人3匹も食べれば十分(人によるけど)
・夏場に行くなら冷たい飲食物を多めに持って行くことを勧める。
・炎天下で釣りをするので塩分補給(義姉が暑さでダウンしたが塩キャンディー舐めて復活)
・今どきのBBQ場にしては珍しく直火が使える。
・売店にはアイス(130円)も売っている。レストランと併用しているので飲食も可能。
・急に冷たい風が吹いてきたら天気が崩れるので、早めの帰り支度をオススメ。




2014-07-28 00:00 : 釣り : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

早戸川 国際マス釣り場



本日は早戸川の国際マス釣り場でニジマス釣りに行ってきた。

相模大野を5時半に出発し早戸川に到着したのが6時40分。
距離は30kmと大したこと無いのだけど、宮ヶ瀬ダムを超えてから道幅が狭く落石があったり
左右から草木が生えていてコーナーの先が見えなかったりと、とにかく走りにくい。
対向車とのすれ違いも厳しい道幅なのだけど、早朝の時間帯は皆が国際マス釣り場方面に
走るため幸い1台の車ともすれ違わなかった。

まずはエサ釣り受付で手続きをする。


大人が4名で子供が4名の総勢8名。
釣りをする人数は4名だけなので4人分の入漁料(3,300円)を支払い明細書をもらう。
なお、国際マス釣り場は4名以上だと貸切つり場を案内してもらえるため、
子連れの場合は釣りをする人数を4名以上集めて行くことをオススメ。

また貸切つり場の場合は竿の又貸しをしても大丈夫とのこと(入漁券リボンを人数分の8枚貰った)
要は大人4人分の入漁料で子供も一緒に釣りを楽しめる。
ぶっちゃけ貸しきり釣り場に案内されると色々とウルサイことは言われない。

入漁料を支払った後は貸竿レンタルと餌や道具の購入。
餌はブドウ虫(500円)とイクラ(300円)のみ。


最初は釣れまくるけど餌が同じだと魚がスレると聞いていたので、ぶどう虫+いくらを購入。
またブドウ虫は20匹入りで釣具店と同等の値段。いくらの量も多く現地で購入が良いかも。

他にも簡易ビク(150円)、本格的なフラシビク(900円)、替針6本マス針6号0.8(200円)、
道糸+ウキ+針の付いた仕掛けセット(200円)、替針+仕掛けセット+針外し+簡易ビクの入った
釣りセット(500円)が売られていた。
手ぶらで行くなら釣りセットをひとまず購入するだけで良いのかな。
また売店ではタバコやアイス、アルコール類も販売していた。

受付が済むと下に降りて明細書を係の人に渡す。
イケスの中から人数×10(4人なので40匹)のニジマスを放流してもらうことになる。


貸竿はよくある一般的な竹竿。既に仕掛けが付いているので後は餌をつけるだけ。
ウキのタナ位置は針から80cmぐらいだったかな?長さは3~4mほど。

貸竿とニジマスを乗せた軽トラの後を追いかけ、貸切釣り場まで案内してもらう。

なお貸竿は使い終わったらその場に置きっぱなしで帰って良いとのこと。
確かにこんな長い竿を車に乗せて運ぶなんて無理だもんな。

貸切エリアは山側の位置。川幅は6mぐらいの正方形。水深は1mほど。
時間帯がまだ朝の7時なので日陰で涼しい。


付いた途端に放流開始。
40匹のニジマスはあっという間に見えなくなってしまった。

そういえば係の人に教えてもらったのは、放流直後は入れ食い状態だけど
時間が経つにつれて魚がスレて釣れなくなる。そこで餌を変えるよりも、むしろ一度全員が
釣りを止めて1時間ぐらい放置していると再び食いが立って釣れるようになるとアドバイスされた。
注意する点は必ず全員が釣りを止めること。1人でも竿を出していると食いが立たないらしい。

これはあるブログで得た知識だが、イクラに片栗粉をまぶしてあげるとイクラの鮮度が
長持ちし表面がコーティングされるので、餌を付けやすいとあったので真似する。 


まずは入れ食い状態の時に子どもたちに竿を渡して魚を釣るという喜びを味わってもらう。
ちなみに写真の竿は先日購入した渓流竿なのだけど、ぶっちゃけ竹竿でも良かった。
むしろ竹竿の方が気兼ねなく扱えるのと長さが釣り場に合っているので使いやすいと思った。

対岸の木をよく見るとウキがぶら下がっている。故にあまり長い竿を使うとこうなる。
奥さんが「なにか綺麗な花が咲いていると思ったらウキだった」と笑っていた。

さて、入れ食いモードの時に娘が6匹、息子が2匹を釣り上げる。
親戚の子どもたちも2人で6匹とまずますの釣果。バンバン釣り上げている娘を見て触発された
奥さんも2匹釣り上げた。オレは釣れたマスの針外しが主な仕事になる。
やはり喉の奥まで針を飲まれると針外しを使うよりラジオペンチで外したほうがやりやすい。

言われていたとおり1時間ぐらいしたら急に食いが立たなくなったのでバーベキューの準備開始。
2家族で合計18匹のニジマスを捌きに魚処理場に向かう。



5つの蛇口がある魚処理場はニジマスが流れないように仕切りがしてある。
ここでナイフを使い内蔵とエラを抜き取って作業をするワケだけど、ニジマスは体のヌメリが多く
手に持って捌くのは無理と判断。蛇口の上にスペースにまな板を置いて作業する。
魚処理場に貸しナイフは無いので忘れないように注意。

今回ちょっと失敗したのはタープのこと。
時間にして8時を過ぎると貸切釣り場全体に日陰が無くなり炎天下にさらされる。

持ってきたのはコールマンのスクリーンサンシェードだけだったので日陰が少なく
暑さで滝のような汗がダラダラ。涼を取るのに川があるからイイか?なんて考えていたけど
やっぱりタープはあった方が良いね。ただBBQエリアが狭いのでロープを張るヘキサゴンタープは
他の人のエリアまで侵入してしまうため使えないと思う。
そのためタープを張っている人はスクリーンタープかクイックタープが殆どだった。
また車の目の前がBBQエリアなので多少は重いタープでも問題なし。

あとクーラーボックスに冷蔵庫で冷やしたペットボトルを持ってきたのだが、川で冷やすよりも
クーラーボックス内に入れあった方が冷たかった。

イメージ的に川の水ってキンキンに冷えた感じなんだけど、びっくりするほどの冷たさは無い。
おそらく管理釣り場だけに仕切り岩の影響で冷たさが半減しているのかも?





2014-07-27 00:00 : 釣り : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

プロフィール

タナー

Author:タナー
できるならば、ザルとコメと棒を使ってスズメを捕まえてみたい。もちろんキャッチ&リリースが基本。
そんな夢見るヲタク風味入ったオッサン世代です。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ +

2017年 10月 【15件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【30件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【29件】
2016年 10月 【30件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【29件】
2016年 07月 【30件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【28件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【30件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【29件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【29件】
2015年 05月 【30件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【30件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【30件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【32件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【62件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【29件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【28件】
2011年 03月 【30件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【30件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【30件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【31件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】

ブログ内検索