【春はあげもの】 我が家の唐揚げレシピ



「春は揚げ物 やうやう黄金色になりゆく衣」なる名言に感化されて今夜は唐揚げにした。

我が家の唐揚げレシピなのだけど、鶏もも肉を一口サイズにぶつ切りにしてビニール袋に
入れたら醤油(大2)酒(大2)おろしニンニク(中1)おろし生姜(中1)ごま油(小1)を
加えて揉み込み冷蔵庫で30分ほど寝かる。
30分経ったらビニール袋に溶き卵を入れて更に揉みこむ。
続いてビニール袋に息を入れて膨らませ片栗粉と薄力粉を同量(50/50)入れてシェイク。

油を160度まで熱して3分ほど揚げて衣に軽く色が着いたら一旦取り出し3分休ませる。
この時に余熱で肉の中に火が通るんだよね。
最後に油を200度度まで熱したら1~2分ほど揚げて衣の色がきつね色(薄茶色)になったら完成。
片栗粉を混ぜているので衣はザク食感、2度揚げ効果で肉汁が閉じ込められてジュワ。

そのままで食べても十分に美味いけど、我が子らはケチャップに付けて食べるのがお気に入り。
個人的にはカラシ、もしくは胡椒で食べるのもオススメしたい。

あと昔は「唐揚げにレモンは邪道派」だったけど、ここ最近はレモンのサッパリした風味で
食べるのもアリと思うようになってきた。
ただ無節操に唐揚げ全体にレモンを絞るのはヤダ。あくまで自分の食べる1個分だけね。




2017-04-24 00:00 : 料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【オススメ】 コンビーフ入りポテトサラダ



野毛「もつしげ」で食べて気に入ってしまったコンビーフ入りのポテトサラダを作ってみた。<br />
<br />
実は以前も似たようなのを作ったことがあり、そのときはキュウリや人参、コーンを入れて<br />
具だくさんにしてしまったけど、今回は「もつしげ」で食べたとおりシンプルにジャガイモと<br />
タマネギ、そしてコンビーフのみを入れてシンプルにした。<br />
<br />
作り方は簡単。<br />
皮を剥いたジャガイモを茹でる。その間にタマネギをスライサーで刻んで水にさらす。<br />
茹でたジャガイモは熱いウチに潰す。しっかり潰すか大まかに潰すかは好み。<br />
粗熱を取っている間にコンビーフを電子レンジで1分チン。<br />
<br />
ジャガイモの粗熱が取れたらタマネギとコンビーフを入れ、味付けにマヨネーズと<br />
酢(これがポイント)を入れたらザックリ混ぜて完成。<br />
<div class="separator" style="clear: both; text-align: center;">
<a href="https://1.bp.blogspot.com/-jSLoM0UNKDU/WPNqBIll9cI/AAAAAAAA098/xEBCTzee93UKSg6dsCiD_JTtfVhajNNmgCLcB/s1600/resize2031.jpg" imageanchor="1" style="margin-left: 1em; margin-right: 1em;"><img border="0" height="320" src="https://1.bp.blogspot.com/-jSLoM0UNKDU/WPNqBIll9cI/AAAAAAAA098/xEBCTzee93UKSg6dsCiD_JTtfVhajNNmgCLcB/s320/resize2031.jpg" width="240" /></a></div>
野菜類を多く入れると水分が出てしまうが今回はタマネギのみなのでジャガイモの<br />
ホクホクねっとり食感を活かすことができた。マッシュポテトに近いかな?<br />
<br />
コンビーフを入れることによって絶妙な塩加減と肉々しさが実にビールに合うんだわ。<br />
つまみで食べても良いし、サンドイッチの具で使っても良いかもね。




2017-04-20 00:00 : 料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【手間かかる】 金柑マーマレードを作ってみた



再び会社で金柑を穫ってきたので今日は甘露煮ではなくマーマレードを作ってみた。

まずは金柑の汚れを落とすために水洗い。
そして今回は甘露煮のときと違って金柑の種を出し、更には縦に細かく刻んでいく。

金柑を横に輪切りにし、フォークや爪楊枝を使って地味に種を取る工程が意外と大変。
1つの金柑に4~5個ぐらい種があるが、米粒サイズにも満たない小さな種は取るのが手間なので
スルー。大きな種だけを取り出すのだけど、それでも大変なのだ。

種を出したら今度は縦に細く刻む。とにかくこの作業が一番めんどくさい。
しかも金柑から出る果汁のヌメリで細切りにしづらい。集中力が欠けて指を切らないようマジ注意。

ここまで終わったら後は煮込むだけ。
金柑の量が300gあったら水も同量の300ml入れる。500gなら500mlってこと。
思ったよりも水の量が多いかな?と思うけど最後はちゃんとトロミが付くので大丈夫。

水の状態から金柑を鍋に入れて中火で煮込む。
しばらくするとアクが大量に出るので地道に取りながら10分ほどコトコト。

続いて砂糖を入れるのだけど、この分量は金柑が300gであればその半分の150gを入れる。
500gだったら250gってことだね。ちょっと多いぐらいが甘くて旨いのだ。
なお注意する点として、最初から一気に砂糖をドバッっと入れず分量の半分(150gなら75g)を
入れて5分ぐらい中火で煮る。砂糖が入ることにより焦げ付きやすくなるため、放置せずに
定期的にかき混ぜておく。

砂糖が入るとトロミが付いてきて、なんとなくマーマーレードっぽさが出てくる。
5分煮込んだら更に残りの砂糖をかき混ぜながら入れて3分ほど煮込む。焦げ付き注意。

砂糖を加えたことによって沸々としたマグマのようなトロミが付いたら、仕上げに甘露煮と同じく
防腐効果を出すために酢を軽く一回し入れる。もちろんママレードに酢の味はしないので大丈夫。

最後に熱湯消毒をした瓶に入れて1日味を馴染ませたら完成!
甘露煮のときは食べた後に種を取り出すのが面倒なのと、2~3個で食べ飽きてしまったが、
マーマレードはパンに塗るのはもちろん、ヨーグルトに混ぜたりクッキー生地に入れての
金柑ママレードクッキーを作ったりとかなり重宝した。

種を取って細切りにするのが非常に手間だけど、手間がかかった分だけ美味しいね。




2017-01-28 00:00 : 料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【コラーゲンたっぷり】 塩くらげで作る中華風つまみ



相模大野の中華料理店「吉好亭」にあるツマミ「くらげとジャガイモ千切りの和え物」を
真似して作ってみた。


なお、塩クラゲの下ごしらえは水洗いをした後に30分ほど水にさらし塩抜きをして使うとあるが、
美味しく食べるには水洗いをしたら20秒ほどお湯(沸騰後に少し水を入れて温度を下げる)で湯通し、
水を張ったボウルに5~6時間ほど漬けて塩抜きすると良いとあったので実践。



レシピとして塩抜きしている間にジャガイモの皮を剥いて細切りにし軽く茹でて粗熱を取る。
キュウリも細切りにしておく。これで下ごしらえの準備完了。

塩の抜けたクラゲ、ジャガイモ、キュウリを混ぜて三杯酢とごま油を少し垂らして出来上がり。

食べてみるとクラゲがプリプリ、ジャガイモとキュウリがシャクシャク。これはビールもすすむわ。
多少の手間暇でくらげの食感がお店で食べたとき以上に弾力もコシもあって旨いよ。

ところでクラゲは栄養もカロリーも低いのにコラーゲンが多いのでダイエット食に適しているのね。
しかしコラーゲンってブヨブヨしたゼラチン質をイメージしていたけど、くらげのコリコリ食感にも
含まれているとは驚いたな~




2017-01-13 00:00 : 料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【今が旬】 金柑の甘露煮



職場の庭に生えている金柑が綺麗な山吹色に色付いたので収穫。
そこで金柑の甘露煮を作ってみた。


まずは軽く水洗いした後、金柑の縦方向(ヘタが上)に切れ目を6~8ヶ所入れる。
この行程が一番面倒くさい。量が多いと途中でイヤになるけど頑張る。


切れ目の入った金柑を水から茹でてのゆでこぼし。まだ砂糖とかは入れない。
3分ほどグラグラと沸騰させる。

茹で終えたら今度は渋みを抜く。水を張ったボウルに入れて1時間ほど放置。

最後は鍋に金柑を入れて水をヒタヒタまで張り砂糖を入れる。
砂糖の分量は金柑の量の1/2。要は金柑が500gあれば砂糖はその半分の250g。

鍋に蓋をして1時間ほどコトコト煮る。
水気がなくなるまでしつこく煮なくとも大丈夫。

火を止めたタイミングで酢を軽く一回し。
酢を入れることで長期保存が可能となるとのこと。入れても酢の味はしないので大丈夫。

一晩寝かせると金柑がツヤツヤになっている。

仕上げに煮沸消毒をした密封容器に入れて完成。

甘露煮なんて初めて作ったけど、どちらかというとマーマレードみたいな味わい。
金柑の皮の独特な苦みと砂糖の甘さが非常にマッチして美味いわ。
それと金柑エキスが喉に利くってのも分かる気がする。

余った汁はお湯で割って飲んでも良し。焼酎の割モノで使うのも有りだね。




2017-01-10 00:00 : 料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

プロフィール

タナー

Author:タナー
できるならば、ザルとコメと棒を使ってスズメを捕まえてみたい。もちろんキャッチ&リリースが基本。
そんな夢見るヲタク風味入ったオッサン世代です。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ +

2017年 04月 【24件】
2017年 03月 【30件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【29件】
2016年 10月 【30件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【29件】
2016年 07月 【30件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【28件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【30件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【29件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【29件】
2015年 05月 【30件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【30件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【30件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【32件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【62件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【29件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【28件】
2011年 03月 【30件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【30件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【30件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【31件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】

ブログ内検索