上大島キャンプ場で過ごす夜



上大島キャンプ場の利用時間は9時から17時までとなっており、レンタルで借りたコンロや
日帰り用の印である赤いコーンを16時半までに管理棟に戻さなくてはならず、ゆえに17時近くともなると
日帰りBBQの客がパラパラと帰り支度を始める。

レンタルコンロは時間までに返さなくてはならないけど、コーンの方は返しても直ぐにキャンプ場から
出なければならないという事は無い。
ただ管理棟の営業時間である20時までに撤退する暗黙の了解があるのか、19時を過ぎる頃ともなると
キャンプ場に残っているのは宿泊客のみとなる。

夏場である今の時期は19時でもまだ明るいのでキャンプ場内を散策。

昼間の時間帯は炎天下の芝生エリアは人気が無かったけど、夕方ともなると多くのテントが
張り出されていた。


改めてよく見ると外灯の真下にテントを張っている人が多かった。
確かにランタンの灯りよりも外灯のほうが明るいし高さもあるもんね。

夕食を終えてから相模川の河原で花火をしていると、どこかのグループが打ち上げ花火を
していた。
上大島キャンプ場は打ち上げ花火禁止じゃなかったっけ?と思ったら場内放送で「禁止」を呼びかけていた。
なお、手持ちの花火はOKとの放送もあったが、テントサイトの近くで花火をやると煙が凄いので
周りの迷惑を考えると河原でやるのがベターだろう。

時間にして21時過ぎた頃。
管理棟寄りの駐車場に空きが出たので、すかさず車を移動させる。
このために夕食時のビールを控えておいたんだよね。
もしも手前が空かなかったとしても、朝に停めた場所よりも多少は近場に寄せられるので
お酒を飲まないであればこの方法はオススメ。これで帰り支度の運搬が楽になるよ。

さて、22時を過ぎる頃になると一部では焚き火で盛り上がっているグループもいるが、
大半はテント内に入って家族団らん、もしくは既に寝ているっぽい雰囲気だった。



やはり昼間の酒が利いているのかBBQ疲れなのか、早々と寝ちゃうんだろうね。
オレは0時近くまで起きていたけど、その頃になると騒いでいるグループも静かになって
落ち着いた雰囲気の中で焚火を楽しむことが出来た。
やっぱり焚火は癒やされるわ。何も考えずに過ごす時間こそキャンプの醍醐味だろうな。
ちなみに男女で一つの焚火を見つめていると親密度が増してカップル成功率が上がるとか?

翌朝。
早寝をする人も多いけど早起きする人もまた多いのがキャンプ場というもの。
時計を見ると朝の5時。既に活動を開始している人もチラホラ。

朝から炭を起こして肉を食らっている家族も多く、辺りに肉々しい煙が漂う。

我が家は昨夜のうちにBBQ道具は全て洗って片付けてしまったのと、昨晩のカレーが大量に残っているので
朝食は朝カレー。ぶっちゃけ朝から炭を起こしていたら片付けに時間がかかるのと日差しが強くなる
8時前にはキャンプ道具は車に積み込んでおきたいんだよね。汗かくのヤダし。

そういえば今回のキャンプで紙皿に乗せた貴重な肉が風でふっ飛ばされたので、次は紙ではなく
ちゃんとした食器(シェラカップ?)を買っても良いなと思ったよ。
あと隣グループに居たジーさんのイビキが響いてうるさかったのと、朝っぱらから周りで
ガサガサ準備している人が多いので耳栓も合ったほうが快適に眠れるね。




2017-07-19 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【朝9時までが勝負】 上大島キャンプ場の攻略方法 2017



7月15日の3連休は毎年恒例となった相模原の上大島キャンプ場にてファミリーキャンプ。

キャンプ場の受付は9時、テントのチェックインは12時からではあるが、3連休の土曜日なので
早めに行かないと駐車場の好位置が確保できないためキャンプ場の到着8時を目処に出発。

我が家のキャンプスタイルは昼間に簡易BBQをしてじゃぶじゃぶ池の水遊びと公園で遊び、
夜と朝兼用でカレーを作り、夕食後は花火と焚火で晩酌という流れ。どこも似たようなもんか。
故に持参するキャンプ道具もそんなに多くない。
車載に積み込んだ主要道具はBBQホリディテーブルセット4人用(BBS-4)、椅子2脚、
キャンビングベッド、シュラフ3人分、コールマンの簡易テーブル2台、DAIWAクーラー
igloo(イグルー)のソフトクーラーバッグシティトート24
これぐらいが大モノであって後は尾上フォールディングコンロや調理器材、灯りやランタン等の入った
キャンプ道具一式セット。これだけあれば十分キャンプを楽しめる。



我が家は常設されているテントを使うってのと上大島キャンプ場は木陰が多いのでタープを張らなくても
一応は大丈夫なのが大きいかも。ただし木の下なので虫が降ってくる可能性を考えるとあれば便利だね。

キャンプ場に到着したのは8時ちょっと過ぎ。
当然ではあるが管理棟の近くは既に埋まっているので中央あたりに停める。

場所には余裕があるけど、9時を過ぎたら管理棟より奥の芝生エリア前の駐車場に停めることになるだろう。
芝生エリアにサイトを構えるのであれば9時を過ぎても多少は混雑するが余裕はあるかな。

管理棟からメチャクチャ離れて便は悪いが相模川沿いにも駐車スペースはある。
主に鮎釣りの人が停めているので川の流れが早いなど釣り人が居ない時は意外と穴場の
駐車スペースかもしれない。

管理棟が開くまで1時間ほど辺りの様子を見に散策。


人気なのは管理棟近くにある木陰のできる林の中とレンタルテントエリアと相模川沿いの場所。

逆に人気が無いのは日当たりの良い芝生の場所と管理棟から離れた入口周辺。
芝生エリアでも良いのだがボール遊びをする人が居たりで騒がしいのでオレ的にはNG。

芝生エリアの木陰も人気。芝生も川沿いなので風は涼しいけどタープ必須エリアだね。

人気は無いと書いたが利便性より静かに過ごすのが目的ならばキャンプ場の入口周辺が落ち着いている。
どちらかと言えばソロキャン向けかも。

まぁどこの場所も9時前であれば駐車場を含めて比較的良い場所を確保することが出来る。
なので上大島キャンプ場の最大の攻略ポイントは朝9時までに現地到着って事だね。




さて9時から管理棟が開くのだけど今日は大勢の客が居るので受付を少し早めてもらった。
さっきも書いたレンタルテント泊の場合は12時にチェックインだが前日(金曜日)の
宿泊客が誰も居なかったので9時に入れると言われる。

今まで日曜日から月曜日にかけての泊りだったから12時まで(実際は10時過ぎに入れるけど)
手持ちぶたさだったけど、土曜日に泊まる場合は9時からチェックイン出来るのね。
借りたレンタルテントの場所は恒例の4番を指定。テントの場所は早い者勝ちなのだ。
この場所を選ぶ理由は一番カドっこなのと外灯があるので夜もあまり暗くないってのと
炊事場まで近いのがポイント。
ところでレンタルテントの金額は1泊2日で1,000円と格安。
だたしキャンプ利用料が1泊2日分の2,000円かかるのでトータル3,000円となる。
それでも安いよ。レンタルテントでもしっかり作ってあるし広さも3畳あるので大人3~4人でも十分広い。
風が通るように前後メッシュ(フルクローズも化)、スノコで床上げで虫が入ってくることも無いもんね。

ひとまずセッティングを終えたらキャンプ場内を散策。
時間は10時の時点でキャンプ場入口から管理棟に向かっての駐車場は完全に満車。

管理棟を越えて芝生エリアの駐車場もやや混んではいるが若干の停める場所はあり。


去年までは無かったような気がしたけど、どうやらスペースを拡張したらしい。
やっぱり3連休は車も人も多くて混雑するね。

管理棟には採れたて野菜と冷えたラムネやゼリーの販売あり。

野菜類はどれも100円と激安。本当はキャンプ場入口近くにある「さくらの郷」という直売所で
現地購入するつもりだったけど100円は安いのでキュウリとトマトを買ってみた。

参考までにさくらの郷(土日11時からオープン)にも行ってみたが、こっちもそれなりに安かった。

・・・と、ひとまず上大島キャンプ場の駐車場状況とサイト内の施設紹介を記事にしてみた。

後はキャンプブログにありがちなBBQをしている肉類の写真を貼っても芸がないので
上大島キャンプ場で過ごした夜の記事はまた後日。




2017-07-17 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【早起き必須】 GWに野島公園で潮干狩り 2017年



今年も横浜市金沢区の野島公園まで潮干狩りに行ってきた。

まず最初に言いたいのは「早起きする者が潮干狩りを制する」ってこと。
GWや大潮の日は車も人も多いので、とにかく早く野島公園に行って駐車場を確保しないと
お話にならない。
特にBBQやキャンプをする人は「野島自動車駐車場」に車を停めないと荷物の運搬等で
苦労するだろう。

今回は6時に現地到着する予定が保土ヶ谷BPの事故渋滞に巻き込まれて到着が6時半過ぎと
なってしまった。ただ6時前から親戚が野島自動車駐車場に居たので場所の確保をお願いしたら
もうほぼ満車で車を停めるスペースが無いとのこと。
マジっすか。6時前でもうほぼ満車ですか・・・と諦めていたら「近くの釣宿の人が
自分の家の前に停めさせてくれるって」と連絡有り。料金は同等の1日800円と良心価格。
そういえば2年前も釣宿の前に車を停めさせてもらったことを思い出した。
ただこれはホントに運とタイミングなので、野島自動車駐車場に車を停めたい場合は
朝の5時半前に現地到着しておかないと厳しいと知る。流石はゴールデンウィークだ。

ちなみに野島自動車駐車場が確保できない場合は夕照橋を渡った先に「室の木駐車場」が
臨時で開放されるので、そちらに停めるのもあり。料金は1日600円。
なお野島公園内の「野島公園有料駐車場」と「第2駐車場」は1時間200円と高い。

ひとまず駐車場が確保できたら今度は場所の確保。
今年はバーベキュー場を事前に予約していたので良かったが、BBQ場やキャンプサイトを
予約していない人が大半なので海に面した芝生のところを確保するのだけど、
朝7時半の時点ではまだ十分に余裕があるが、8時を回ったら場所の確保は厳しい。




写真は8時半の時点での写真。
もうテントを広げる場所さえないぐらい、とにかく人・人・人。
最初に書いたけど「早起きする者が潮干狩りを制する」ってのはこういう事なんだよね。

ところで本日の干潮は12:50の中潮。
まだ潮が引かないのにプロっぽい人は海の中に入ってひたすらアサリ採り。
どうせあと2時間ほどで潮が引くのになぁと思ったけど、あの手の人は場を荒らされる前に
貝脈(海藻の生えている根元)を探り当ててるのかね?
余談だけどアサリは闇雲に砂を掘るよりも海藻の生えている場所を探してその近くを
掘り進んだ方が効率が良いらしい。まぁ潮が引くとその海藻を探すのが大変なんだけどね。

さて話は変わって今度は予約した野島公園バーベキュー場の紹介。
予約は1ヶ月前の10時から開始されるのだけど、これがまた競争率が凄いのだ。
1分前から何度もリロード(再読込)を繰り返し、予約サイトが開放されたらとにかく
急いでボタンをチェック。
このとき「既に予約が埋まっています」的な表示が出たらすぐさま他の場所をチェック。
少人数だと1~10番までの炉を選ぶのが心情だけど、11~30までの大きな炉の方が
小さい方よりも埋まるのが若干遅い。とはいえ2~3分と短時間だけど。
我が家も最初は小さい炉を予約してみたが既に埋まっていたので大きな炉を予約した。
少人数で大きな炉を借りてはダメってことないもんね。
ただ小さい炉は2,000円、大きな炉は2,500円となっている。

今回借りれたのは21番のバーベキューコンロ。
予約サイトの質問で「日陰になるサイトはありますか?」の回答に「11~18番付近は
木がなく日中は日向となっています」とあったが、実際に訪れてみると21番も日向だった。
周囲を見渡すと19番も日向だったので、11から20を飛ばして21までが日向だと知る。
時期的にGWはまだ寒いのと潮干狩りで海に入って体が冷えるため、むしろ日向で良かったが
夏場の炎天下だと日向は厳しいかもしれないね。
一応は各コンロ同士が離れているからワンタッチタープを張るのは出来そうだけど、
普通のヘキサタープを張るのは隣との間隔的に無理っぽいかな?

大人数用のBBQ炉には椅子とベンチが周りにある。
テーブルも炉が広いので使わなかったが、大所帯なら合ったほうが良いだろう。

なお少人数用のバーベキュー炉は別にテーブルと椅子ベンチがある。
やはり使い勝手的にはこっちの方が便利かもね。特に夏場は日陰にもなるし。

BBQ炉は全て共通で上・中・下にグレーチングがセットできるようになっている。
炭火なら中と上にグレーチングをセットして使う。薪であれば下にセットが良いだろう。
思えばBBQで薪を使って肉を焼いたことって無いかなぁ?
あと忘れてならないのは網。
グレーチングも一応は網目になっているけどサビが凄いんだわ。
というか、流石にこの上に肉を置いて食べたいとは思わないよね。

実はまだお金も払っていない状態でBBQ炉を確保しても大丈夫かと心配になったけど、
既に予約は済んでいるので荷物や準備を始めても良いでしょう・・・と勝手に判断。

一通りBBQの用意が出来たら管理棟に受付に行く。
時間は10時オープンとあったけど9時半頃には既に開いていた。



受付でサイトの番号と名前を告げてお金を払うと炭消し用のバケツとゴミ袋を渡される。
バケツには水を5cmほど張って使用済みの炭を入れること。
プレートはBBQ炉に掛ける場所があるので引っ掛けておく。
他に炭取り用のシャベルと火ハサミを貸してくれる。

青は缶・瓶・ペットボトルで白は生ゴミ・紙くず・プラとなっていた。
缶・瓶・ペットボトルもそうだけど、一般ごみとプラは分別しなくて良いのか聞くと
一緒にして問題ないとのこと。分別に慣れているので違和感があったな。

ここまでやったら後はBBQタイム。
折りたたみ火起し器 FD炭焼き名人で簡単に炭起こし。これがホントに便利なんだわ。


炭を周りに立てて真ん中に火種を入れて放置。気が付いたら炭に火が回っている。
薪を突っ込んで簡易キャンプファイヤーも出来る優れもの。マジおすすめ。
使用レポートはコチラ

海と言えばカレーってことでガスバーナーを使ってカレーを作る。
炭でやると鍋にススが付くからイヤなんだよね。
そういえば周りを見渡すとBBQ炉を借りているにも関わらず、自前のBBQコンロを
使っているグループをチラホラ見かけた。
確かにグループ用のBBQ炉は大きすぎるのだ。炭も結構使っちゃったもんな。
次に借りる時はいつもの尾上製作所のフォールディングBBQコンロを持ってこよう。

BBQを楽しんでいると野島公園の対岸(ジョンソン工場)の前でも潮干狩りをやっている
人が居ることに気がつく。
ただ六浦警察のパトカーが来て違法駐車している車を取り締まっていた。
最初は警告で済んでいるっぽいが最終的には駐禁を切られレッカー移動させられるのだろう。
もちろんバイクも禁止らしく「オートバイも停めないで下さい」と注意されていた。

最後に今年の潮干狩りの成果。
オレはBBQの準備やらで忙しく潮干狩りには行かなかったけど、奥さんと娘が頑張って
大量のアサリを採ってきた。おそらく5kg以上あり。しかも大粒。

アサリの砂出しは取れた場所の海水で行うのが良いらしいけど、ペットボトルに入れて
持ち帰るのも面倒だし何より重いので自宅で海水濃度と同じ塩水を作る。
水1Lに対して3%なので30g。塩の30gって結構山盛りでビックリ。
こんなに入れたっけ?って感じだけど去年も同じことやってるんだよね。
それを5kg分のアサリでやるので、洗面器に入れたりボウルに入れたりとかなり塩を使った。

砂出しが終わったら冷凍庫へ。
これでおそらく今年1年間はアサリに困ることは無さそうだ




2017-04-29 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【新商品いろいろ】 あられちゃん家に行ってきた@2017春



先日、茂原の実家に帰った際に、おせんべい・あられの工場直売店アウトレットの店
「あられちゃん家」に2年ぶりに行ってきた。

場所は「千葉県茂原市萱場2444-1」という国道128号線から少し外れたところにある。
周りが田んぼや畑なのでアウトレット工場なんてあるのか?と不安になるが大丈夫。
併設される駐車場はほぼ満車。おそらくゴールデンウィーク中は更に混雑するだろう。
そのときは社員用の第二駐車場が解放されるんだろうな。

2年前と比べてかなり様変わりしていて驚く。※当時の様子はコチラ

店舗が広くなったことと扱っている商品も随分と変わった。










ただし試食は健在。やっぱりあられちゃん家の醍醐味はこれだよね。


それにしても2年前と較べて扱う商品が増えたことにより色々と目移りしちゃうよ。
ところで前は人気商品のランキングがあったけど今回は見当たらなかったな。
ちなみに売上1位は「柿の種」らしい。120g入ったボトルで180円。
参考までに商品の価格帯は平均100~250円。180円の商品が多いかな?なお全て税込み。

特殊な商品はちょっと高いけどそれでも350円。


個人的にお得だと思ったのは「ことり袋」という名の食べきりサイズ詰め合わせ。
8種類15袋入って値段は500円と非常にお買い得。
あとは社員さんが食べるお弁当とおはぎ。前に食べたけど美味しかった。

色々と買った後は50円のミニソフトクリームを食べながら無料のコーヒーを飲んで休憩。

コーヒーも前は店内にあったけど今は外になっちゃったのね。
あとイートインっぽいコーナーも出来たのね。改めて様変わりしたよな~

そういえば、あられちゃん家は埼玉工場( 加須市砂原2485)が3月にオープンしたみたい。
これで北関東方面の人は行きやすくなったね。




2017-04-26 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【CP+ 2017】 ニッチなブースとアウトレットが面白い



パシフィコ横浜で開催されている「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」いわゆる
CP+にカメラ仲間と行ってきた。
例年であれば受付は1Fなのだけど、今年は2Fで受付を行い、さらに1Fの入場ゲートも二ヶ所あったため
待機列も去年ほど長蛇ではなかった(もしかしたら最終日(2/26)だったからかもしれないけど)
また10時の開場ではあるが今年は5分前に列に待機。
その場に立ち止まって待っているよりも列が動き出したぐらいのタイミングで並ぶのが良いのかもね。

ぶっちゃけ今年は特に見たいモノもカメラも無く、仲間内でも「HAKUBAのトートバッグ(エコバッグ)さえ
貰えれば十分」という結論になり、何はともあれハクバのブースに直行。
ちなみにこのトートバッグは開場30分で終了となっていた。やっぱり人気だねぇ。

メインのブツを貰った後はGANREF・デジカメWatchスタンプラリーに挑戦。

後からじっくり見て回るので最初は各ブースの出店物やパンフレットに脇目も振らず、
とにかくスタンプだけを押印して回りまくる。正直この手のノベルティは貰っても使わないんだけどね。

更にはサンディスクのブースにてツイッターフォローをすれば貰えるというSDカードケースを貰う。
その場でフォローした画面を見せてブツを貰ったら即フォロー解除という暴挙に出る。

今回はホントに目玉というか気になるカメラもグッズも無かったので、早々にアネックスホールで開催されている
中古カメラとアウトレット会場に向かう。最終日なので掘り出し物は少なかったかな?





それでも腰に装着可能のカメラポーチ(1,000円)と衝動買いでケンコーの単眼鏡(500円)を買ってしまう。


三脚や中古カメラはそこまで安くないけどカメラケースやバッグは圧倒的に安い。目当ての商品があれば断然お得。

アウトレットを堪能した後は再び会場に戻ってニッチな商品を見て回る。

カメラはいずれ家電量販店に並ぶけど、この手のニッチ系ブースは自分の手で触ったり商品説明を聞けるので楽しい。
そういえば今年は日本写真館協会の出店は無かったな。あそこは運転免許や証明写真、またはファミリー写真などを
無料で撮ってくれたのに残念だ。そもそもグッズの配布や無料コーナーはかなり減少していたね。

最後に参加型写真展の御苗場に向かう。
去年は大さん橋ホールだったけど、今年はBankART Studio NYKという貸倉庫みたいなところで開催。
シャトルバスで送迎もしているがパシフィコの会場から歩いて15分ほどの位置なので散歩がてらに歩いて向かう。
もう3年ぐらい前から御苗場の方向性が随分と変わってきたよね。
それまでは同人誌的なノリだったのに、今では7割近くが女性モデルを撮影したポートレートばかり。
あと凡人のオレには全く理解不能な謎スナップ。

会場も広く出展写真も増えたのだけど、心に残る・楽しい・真似したい・凄いと感動する作品が少なくなって
20分足らずで全ての写真を見終えてしまった。

・・・とはいえ、御苗場の趣旨が作品の展示を通して出展者と来場者が「出会って繋がる」ことらしいので、
ポートレートで被写体になった女性モデル(自撮りあり)を紹介したり、スナップを撮るに至った経緯を話したりと
会話のキッカケやカメラマンへのスカウトとか無きにしろあらずって感じなのかな?

ところで御苗場の一般ブース出展料って27,000円もするのね。知らんかったわ。




2017-02-27 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

プロフィール

タナー

Author:タナー
できるならば、ザルとコメと棒を使ってスズメを捕まえてみたい。もちろんキャッチ&リリースが基本。
そんな夢見るヲタク風味入ったオッサン世代です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ +

2017年 08月 【16件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【30件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【29件】
2016年 10月 【30件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【29件】
2016年 07月 【30件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【28件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【30件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【29件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【29件】
2015年 05月 【30件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【30件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【30件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【32件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【62件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【29件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【28件】
2011年 03月 【30件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【30件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【30件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【31件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】

ブログ内検索