【激安飲み放題の罠】仙台まるいち総本家で大失敗@横浜



横浜にて飲み会があり、2次会をどーするかと横浜西口駅前辺りを歩いていたところ、
ヨドバシ相鉄駅前ビルで呼び込みが「お一人1,500円で2時間飲み放題どうですか?」と誘ってきた。

酔っ払っていた友人が「1,000円なら良いよー」と軽口を叩くも「その値段でやらせて頂きます」と
まさかの値下げ交渉が成立。言ってみるもんだねぇ
入店時に「別途お通し代と1人2品の注文をお願いします」と言われて店内へ。

ところでこのお店の名前ってなんだっけ?と見回すと「仙台まるいち総本家」と知る。

店内は殆ど個室なので、カップルがイチャイチャしながら酒を飲むには良いかもしれないが
4名席だとオッサン3人には微妙に窮屈だった。というか扉を閉めると息苦しい。
これが4名だったらもう少し広い部屋を宛がってくれるのかな?

さて飲み放題ということではあるが、さすがに2時間1,000円の激安コースなので選べる酒は限られている。


ドリンクメニューの赤枠で囲ったものだけとあるが、なぜか裏面にあるビールも大丈夫だった。
(店員が勘違いしている可能性もあったけどね)

とりあえずビールとお通しなのだけど、このお通しの値段を会計時に知ってビックリ。まさかの400円。
業務スーパーで売っているような激安マカロニサラダがお皿にチョコン。どんだけ手抜きだよ。
まぁ横浜駅前という場代があるので席料として納得する。

しかし他に1人2品と聞かされていたフードメニューを見ると、どれもこれも値段が高いんだわ。
最安値で1品399円ならそれほど高くないじゃん?とも思えるが、量とクオリティがショボい。
いくらチェーンの居酒屋としてもこれは酷くないかい?

厳選して選んだのが、のり弁に乗ってるような「ちくわ磯辺揚げ」「オニオンサラダ399円」「塩キャベツ」
素麺ぐらいの細さの「揚げパスタ」ちんまりした「黒糖そらまめ」

更に「チーズ揚げ」を頼んだら裏面が焦げ焦げで食べると苦い。
さすがにコレは食えんよな・・・と店員を呼んで注文を変えて貰う。
この時点で「入って失敗した~」と思いつつも、料理がショボくて不味いのは100万歩譲って許そう。
チーズの代わりにもう1つ頼んだ黒糖そらまめの皿が欠けているのも目をつぶろう。
だが飲み放題にも関わらず呼び鈴を押しても店員が全然来ないのはダメだ。
2度3度押しても来ないので歩いている店員を呼び止めてやっとオーダーを取るようじゃダメだ。
あと店員の愛想が無いはもっとダメだ。料理が不味いんだからせめて酒の提供は早くしろよな~

最終的に2時間飲み放題+お通し代+料理6品で7,229円、1人で約2,500円。
やっぱり激安の飲み放題でも最終的には宴会コースと大差ない値段になるよね。

・・・というか宴会コースのほうがまだ料理が良かったのかもな。ま、もうこの店には二度と行かないけど。




2017-10-16 00:00 : 外食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【ながら長生庵】 蕎麦のコシ風味が皆無@長生郡長柄町



千葉県長生郡は長柄にある「ながら長生庵」でランチ。
場所は秋元牧場の近くで自家用車等を使わないと行くことは困難。

訪れたのはお昼頃。
店舗の裏には広大な蕎麦畑があって、時期的にそばの花が満開となっていた。
店までのアクセスが不便で平日にも関わらず駐車場は殆ど埋まっており、店の前には待ち客でズラリ。
やはり蕎麦の花が見頃だからなのだろうか?客層を見ると年齢層は高めで女性客が多い。

なんでも入口にある石うす式製粉機を使って裏の畑で採れた蕎麦を引くそうだ。

店内は全体的に綺麗ではあるが蕎麦屋というより定食屋っぽい雰囲気かな?

全てのメニューは公式HPにあるので写真は注文したメニュー以外は割愛する。
この店は自家製粉の蕎麦が売りなので「せいろ(650円)」を大盛り(200円増)で注文。

お茶と一緒に箸休めで蕎麦を揚げたものが提供される。


ほどなくして「せいろ大盛り」が運ばれてきたのだが、随分と薄く盛られた蕎麦は2段重ねとなっている。
メニュー写真を見るともっと多く盛られているのに実際はこんなもん。
成人男性なら物足りないと思うが、客層的に女性や年配者が多いのでこの量で十分なのかね?
肝心の蕎麦の味だけど「ホントに自家製?ウソだろ?」と言いたくなる味。
なんというか蕎麦の風味が殆どしないんだよね。いわゆる自家製蕎麦感ゼロ。コシも無い。
自家製粉ならば蕎麦の色が濃く出てホシ(斑の黒い粒)があると思ったのに皆無。
ただ一概にホシを入れれば良いというものでもなく、あえて殻を入れずに製粉しているのかもしれないが、
それにしてもそばの風味が殆ど感じられないのは何故なのだろう?

ワサビも市販っぽいし、そばつゆも変に濃くてカツオの香りはあまり感じられなかった。
もしかして新そばの時期(10月下旬~11月上旬)であれば、もっと風味とコシがある蕎麦が
食べられたのかなぁ?なんにせよこの味ならリピートすることは無いね。




2017-10-15 00:00 : 外食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【南国ホテル】 夕食、朝食バイキングの様子



昨日の続き。
伊東園は南国ホテルの夕食と朝食バイキングの様子。

今回は期間限定の「超食べ放題週間」とのことで通常の夕食バイキングメニューの他に本ズワイと紅ズワイ
そして国産和牛ステーキの食べ放題が追加される。
(「実演 鮮魚解体お刺身フェア」は超食べ放題期間だったので無し)
夕食バイキングは18時から20時までの2時間制(ラストオーダー19:30)
開始時刻より後から来てもそこから2時間ではない。18:30に来たから20:30までとかね。
故に時間いっぱいしっかり食べて飲んで楽しむには18時に会場入りするのがベター。
これはどこの伊東園ホテルでも一緒だろう(過去に泊まった湯河原ホテル四季彩もそうだった)

・・・ということで18時ちょっと前の17:45頃に会場の入口でスタンバイ。
会場のキャパシティ的に満員で入れないことは無いのだけど、早めに入ればそれだけ料理の近くの好位置に
座席が確保できるのだ。

そう考えるお客が他にも居て17:45よりも前に既にスタンバっている人もチラホラ。
みんな気合入っているねー!その後17:50分には後ろの階段までズラリと人が並ぶ。
僅か5分の差でこれだけ違うのね。なのでちょっと早めに並ぶのが正解。

ちなみに会場は座敷なので入るときはスリッパを脱ぐ。
このときのポイントとして自分の脱いだスリッパに目印を置くこと。そうすることで他人の水虫付きスリッパを
履くリスクを減らせるのだ。目印は会場にある紙ナプキンでもお手拭きでも良いが何か置いておく。

18時になると店員が「特別料理を頼んだ人は特別席、6人以上の団体は団体席、あとは全て自由席」と説明され
オープンとともに皆一斉になだれ込む。とにかく座席の好位置キープが肝心なのだ。
ちなみに会場内は座敷ではあるが椅子があるので立ったり座ったりが楽。昔は座椅子だったんだね。

我々は料理が並んでいるすぐ後ろの場所を確保。ただ後から思ったのはあまり近すぎると料理を取りに行く人が
ひっきりなしに後ろを通って落ち着かないということが判明。
後から気がついたのは会場は2つあり、もう一つの小さな座敷は少人数向けで2名もしくは1名で来たお客の姿が
何人か見られた。2人だったらこっちの方が落ち着いてて良いかもね。

料理はオープンと同時に一斉に人が押し寄せて、とにかく大混雑のカオス状態。
ただ10分もすれば人も落ち着くので、我先にと焦って取りに行く必要はないかな。
無くなったらすぐに料理も補充されるからね。
・・・なので最初はビールでもゆっくり飲んでから料理を取りに行くのがスマート。
しかしこのアルコールドリンクバーのビールサーバーはホント秀逸だね。自動で泡まで計算されているもんな。
なおアルコールはビール以外にもサワーやハイボール、日本酒なども用意されている。
もちろん飲めない人用には普通のドリンクバーもあり。スムージーまであった。

ところで肝心の超食べ放題である本ズワイと紅ズワイ、そして国産和牛ステーキ。
皿の上にズラリと並んだカニ達。でもどれが本ズワイでどれが紅ズワイなのか分からず。
ちゃんと足入れ容器とハサミ、カニスプーンも用意されている。


和牛ステーキは陶板焼きとなっていてコンロを渡され各自が焼くスタイル。てっきり目の前で焼かれた
ステーキを切り分けるものかと思っていたよ。あとは和牛以外に海鮮焼きもあり。
さすがは和牛だけあって柔らかくて美味かった。お替わり2回しちゃったよ。

カニとステーキ以外は通常のバイキングメニューと同じ。



舟盛りから寿司から洋風中華、蕎麦、デザートなどなど多彩に用意されている。
先程も書いたけど料理の補充は早いので「食べるものがない」となることは無いかな?


和洋中ととにかく色々なメニューがあって何を食べるか目移りしてしまう。
年配者の利用率が高いので和食テイストが強いかと思ったけどバラエティに富んでた。

全体の料理だけど可もなく不可もなし。激ウマ!と絶賛する料理もないが激マズと悲観することもない。
どれもこれも無難な味。意識高いグルメじゃなければ十二分に満足できる。

散々飲み食いしての19:30。店員より各テーブルにオーダーストップが告げられる。
最後にアルコールを何杯かストックするも良し、デザートに走るも良し、締めカレーを食べるのも良し。
20時になると店員がテーブルに声掛けしてくるのでそこで夕食は終了。

昨日も書いたけど、大陸系の人が殆ど居ないのでクチャクチャ音を立てて食べたり大きな声でベラベラと
しゃべっている人もおらず、全体的に静かで落ち着いてて皆マナーが良い。
まぁ開場してすぐはカオス状態なのだけど、あとはホント落ち着いて料理を楽しめるよ。
まさに年配者の余裕ってヤツなのかね?

続いて翌朝は朝食バイキング。
時間は7:30~9:30までと意外と遅いスタート。ビジホだと6:30が一般的だもんね。
ただそれも南国ホテルの場合はチェックアウトが12時なので少し遅くなってるのかな。

夕食バイキングと違って朝から行列はないだろうと思いきや、やっぱり並んでいた。
年配者は並ぶのが好きだよね。ってこれは偏見か。

料理のラインナップはどちらかというと和食が中心。
写真は撮らなかったが山海漬けに湯豆腐、焼鮭にししゃもなど、いわゆる日本の朝食系がズラリと並ぶ。



ただパンもありシリアルもあり、朝カレーもある。
海鮮のっけ丼なる小鉢が数種類あって自分で好きにカスタマイズできるのは良かった。

売店で販売されている「かずさ和牛と菜の花のそぼろ煮」も良かったけど、
個人的には「千葉しらすときくらげのしぐれ」が美味かった。
好きなだけ食べて飲んで風呂にも入ってゆっくりリゾート気分を満喫して料金は8,250円均一という南国ホテルに
実際に泊まってみたけど、確かに人気で休日前は予約で埋まるのも分かるわ。
ただ立地的に車じゃないと来れないのが唯一のネック。
一応、新宿・品川から無料バスが出ているけど、来年2018年1月26日で終了なんだよね。
館山駅から車で30分と少し遠いので駅までシャトルバスがあれば良かったかも。

なんにせよリピーターが多いのも納得のホテルでした。




2017-10-14 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【南国ホテル】 1名1室洋室ツイン(景観なし)に宿泊する



千葉県南房市にある伊東園ホテルグループの「南国ホテル」に泊まってきた。
宿泊プランはたまたま開催期間限定の「【超食べ放題ウィーク!】通常バイキング+高級食材!」の日程と重なる。
宿泊料金は1泊1名1室の「洋室ツイン(アネックス・景観なし)」で税込み8,250円。

外観と館内施設はちょっと古めであるが、名の通り南国をイメージしているので雰囲気は悪くない。
僅か8,250円でリゾート気分が味わえると思えば良いほうじゃないのかな?

料金は前払い制。館内施設の支払いも今時のリストバンド決済ではなくニコニコ現金。



南国ホテルは本館と別館とに分かれ少し入り組んでいるので受付で説明を受ける。
その際にフロント横にある浴衣を借りる(帯は客室内)
あと無料で自転車の貸出もあるので夕食なしプランで泊まった場合は買い出しに使える。
・・・ただこの辺って飲食店が殆どなかったような?近所にスーパーおどやがある程度。

洋室ツインの景観なしで案内された部屋は172号室。

内装もちょっと古めの作りではあるがツインだけあって部屋は広い。
片方のベッドの上に自分の手荷物等を置くことにする。

景観なしというのは目の前が貸切露天風呂(別途1,000円)ってことなのかと理解。
1日泊まってみて人通りが気になる事は一切無かった。平日だってのもあるか。
また室内は独自エアコンが設置されているので窓を開けることはないが、注意書きに「窓から昆虫が
侵入する恐れあり。窓は開けないほうがよろしいかと思います」と書いてある。
まぁ季節によるものだろうけど海が近いし開けたら部屋が潮ったれそうなので止めとく。

テーブルの上にはTV番組案内と茶菓子が用意されている。ビジホとは違うねぇ。

あと驚いたのは冷蔵庫の中にもお菓子が入っていたこと。気が利いてるわ。
なお冷蔵庫は冷凍機能もあるのでアイス等を買って冷やしておくことも可能。

一応、部屋にもユニットバスはあるも大浴場を使うので使用せず。
ただ便座がウォシュレット付きではなく座ると冷たい。

そういえば公式HPに記載が無かったのだけど、南国ホテルは客室内でも無線LAN(wi-fi)が使える。
施設が古臭いのでそういうのは無いと思ったから逆にビックリ。嬉しい誤算だわ。
インターネット速度もweb閲覧程度なら問題ない速さ。


館内は全体的に暖かいというよりむしろ暑い。さすがは南国だけはある。
施設は1Fにゲームコーナーと卓球台、カラオケ広場とカラオケルーム(50分制)
ゲームコーナー以外は全て無料。カラオケルームだけ要予約。

カラオケ広場はオジ様オバ様など年配の方々の社交場となっており非常に盛り上がっており、入れ代わり
立ち代わり色々な人が熱唱しまくっていたよ。しかもみんな実に楽しそう。
オープン空間なので周りに自分の美声を轟かせることが出来るのも人気のポイントかね。
夜の24時まで歌われるとうるさいかな?と思ったけど、さすがに客室までは聞こえなかった。

予約制のカラオケルームは夕食が終わる20時以降は既に予約で一杯となっていた。
故に少人数でカラオケを楽しみたい場合はチェックイン15時のタイミングで予約するのが良いと思う。

ゲーセンはレトロゲーありスロットありクレーンゲームありと一通り揃えられているが年配の人が多いので
遊んでいる人は殆ど居なかったな。


あと温泉といえば卓球とのことで卓球台が2台設置されている。
たまにやると面白いね。ついつい2時間も遊んでしまったよ。

3F(フロントのある階)は売店、インターネットコーナー、囲碁・将棋・麻雀ルーム、お休み処。




全自動卓の麻雀ルームでは既に何人かが楽しんでいた。

南国ホテルというか伊東園ホテルの平日は基本的に年配者向けなのかな?いわば保養所みたいな感じ。
ただ大陸系の人が殆ど居ないので全体的にワサワサとうるさくなく穏やかな雰囲気。
大浴場(露天あり)のお湯もぬるめなので、肩までゆっくり入って日頃の疲れを癒せるのもポイント高い。

伸び伸びゆったり風呂に入ってバイキングで好きなもの食べて飲んでカラオケ歌って楽しんで8,250円ならば
そりゃ年配者に人気が出るよ。しかもチェックアウトは昼間12時と長いのも魅力。
数ヶ月先ですら土曜日は全て予約が埋まってるのも納得だね。

さて続いては夕食及び朝食バイキングの様子なのだけど、記事が長くなるのでまた後日。




2017-10-13 00:00 : 外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【コスパ最高980円】 宝原でお腹いっぱい定食@姉ヶ崎



姉ヶ崎のスーパーホテルに泊まった。
その際にホテルから徒歩3分の場所にある台湾料理の店「宝原」で晩飯。

LEDで装飾された綺羅びやかな外観が目立つ。


店内はテーブル席と座敷の構成で2階にも席がある。
地元民らしきで賑わっており、予約したという客が何組も2階に案内されていた。
平日にも関わらずかなりの人気だ。

単品メニュー以外にも全日OKと書かれた定食メニューがある(ランチも夜も注文できる)
値段はAセットBセットともに980円。全てにラーメンが付く(焼き餃子定食除く)


店の入口にも書いてあったが生中(スーパードライ)が1杯290円、サワー類は300円とリーズナブル。

注文したのはニラレバ定食。
その際にラーメンは塩、台湾、醤油、豚骨味のいずれがか選べると言われるので、塩でお願いする。
メニュー写真だとラーメンはミニかと思ったが普通サイズでビックリ。というかメチャメチャ量が多い。
そして塩味のラーメンは普通に美味い。麺もしっかり。塩の出汁もバッチリ利いてる。
ニラレバの方はレバが少し少ないかな?ピリ辛でビールが飲みたくなる味だね。

ご飯も山盛り。レバニラを乗せて食べ進む。いやマジで量が多いわ~

中でも驚いたのは大人のゲンコツ大はあろう唐揚げが2個。
胸肉ではなくもも肉を使っていて実に美味い。これは気に入った。
しかも皿の底には胡椒が添えてある。分かってるねぇ~唐揚げは胡椒で食べると美味いんだよ。

980円という安さでこのボリュームの定食。
ぶっちゃけあまり味は期待していなかったけど普通に美味くて大満足。

ちなみに他の客が注文していた単品をチラ見したら、それも大盛り。しかも値段が500~700円程度。
なるほど地元民が多かったのも納得したよ。




2017-10-12 00:00 : 外食 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

プロフィール

タナー

Author:タナー
できるならば、ザルとコメと棒を使ってスズメを捕まえてみたい。もちろんキャッチ&リリースが基本。
そんな夢見るヲタク風味入ったオッサン世代です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ +

2017年 10月 【15件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【29件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【30件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【29件】
2016年 10月 【30件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【29件】
2016年 07月 【30件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【30件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【28件】
2015年 11月 【29件】
2015年 10月 【30件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【29件】
2015年 07月 【30件】
2015年 06月 【29件】
2015年 05月 【30件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【30件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【31件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【30件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【29件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【30件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【32件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【62件】
2011年 12月 【29件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【29件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【28件】
2011年 03月 【30件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【30件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【30件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【30件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【29件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【31件】
2008年 07月 【32件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】

ブログ内検索